August 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

貫入のあるうつわ

表面の細かいヒビ模様を貫入(カンニュウ)と言います。

 

焼成後の素地と釉薬の収縮率の違いからできるもので、
陶器独特の表情を出してくれます。
使い込むうちに味わいが出るのが魅力です。

 

貫入があっても目立つものと、目立たないものとあります。
時間が経っても経年変化があまりないものもあり
使ってみなければわかりません。


できるだけ色を入れたくない場合は
使い始める前に【煮沸】をおススメします。

 

≪ 煮沸のやり方 ≫

大きな鍋にうつわを入れ
器が浸かるまでお米のとぎ汁を入れます。
火を点けたら中火に。
沸騰したらぐらぐらしない程度に弱火にして15〜20分。
火を止めてそのまま冷まします。
(完全に乾燥するまでは色が変わるものもあります。)


煮沸できない時は、
盛り付ける前に水(またはお湯)をくぐらせてから
ご使用いただくだけでも違います。

 

*温め直し(1〜2分)程度でしたら電子レンジの使用OKです。

*オーブン、直火、食洗器はNGです。

 

*長時間放置すると色が入ったり染みになりがちです。

ご使用後は早めに洗い、十分に乾燥させてから収納してください。

 

 

 

comments

   
pagetop